薬理学

所属メンバー

教授
三枝 禎
准教授
松本 裕子
助教青野 悠里

講座の特徴

 歯科に限らず他科で用いられる薬物の作用の仕組みを対象とした基礎研究を行っています。薬物の副作用や加齢により惹き起される顎顔面の異常な不随意運動である口腔ジスキネジアの発症機構と,麻薬性鎮痛薬が結合する受容体タンパク分子の機能に関わる生体内物質やクスリの作用機構の解明を目指し,それぞれ行動学および神経化学実験をしています。こうした神経薬理学的研究のほか,薬物性歯肉肥厚の発症,歯周疾患関連細菌などに由来する毒素のLPSの作用に関する研究を行っています。


研究内容・研究業績

 所属メンバーの日本大学研究者情報をご覧下さい。

 大学院進学をお考えの方は電話・メール等で三枝まで直接知らせて下さい(連絡先は上記日本大学研究者情報にございます)。
松戸歯学研究科ウェブサイト入試情報)なども参考になります。

ページのトップへ