日本大学松戸歯学部

オーラルサイエンス(口腔科学)歯科医学を医学の一分科として捉える考え方

オーラルサイエンス(口腔科学)

歯科医学を医学の一分科として

捉える考え方

人間性豊かな・広く社会に貢献できる歯科医師を育成します

人間性豊かな,

広く社会に貢献できる

歯科医師を育成します

4年間の「医療行動科学」でプロ意識修得

4年間の

「医療行動科学」で

プロ意識習得

教職員が一丸となったきめ細やかな学修支援

教職員が一丸となった

きめ細やかな学修支援

  • 口腔科学(Oral Science)歯科学を医学の一分科として捉える考え方
  • 人間性豊かな,広く社会に貢献できる歯科医師を育成します
  • 6年間の「医療行動科学」でプロ意識修得
  • 教職員が一丸となったきめ細やかな学修支援

日本大学の教育理念POLICY

〈自主創造〉の3つの構成要素
及びその能力

日本大学は,本学の「目的及び使命」を理解し,本学の教育理念である「自主創造」を構成する
「自ら学ぶ」,「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力を身につけ,「日本大学マインド」を有する者を育成します。

  • 自ら学ぶ

    豊かな知識・教養に基づく高い倫理観
    世界の現状を理解し,説明する力

    自ら学ぶ
  • 自ら考える

    論理的・批判的思考力
    問題発見・解決力

    自ら考える
  • 自ら道をひらく

    挑戦力,コミュニケーション力
    リーダーシップ・協働力,省察力

    自ら道をひらく

動画で知る
松戸歯学部SPECIAL MOVIE

松戸歯学部の教育ビジョンORAL SCIENCE

歯科医学は医学の一分科,
口腔の健康は全身の健康を支えます。

歯科医師は虫歯を治療するだけではなく,口腔の健康を通じて全身の健康を支えるために,ますます重要となってきます。
松戸歯学部は歯科医学を「オーラルサイエンス(口腔科学)」と捉え,医学の一分科としての教育を行っています。

歯科学を医学の一分野として捉える考え方「Oral Science(口腔科学)」
がん予防
唾液には発がん性を減少させる物質も含まれています。清潔で健やかな口腔環境を保つことは,がんの予防にも大切です。
感染予防
口はからだの入口です。口腔の清潔が肺炎などの感染予防にとても役立ちます。
豊かな表情
美しい歯は輝く笑顔の主役です。健康な口は豊かな表情をつくります。
体力向上
しっかりと噛むことは歯やあごの発育だけでなく,丈夫なからだづくりの基本です。
消化促進
よく噛んで食べると,食べ物と唾液がよく混ざり消化吸収を助けます。そして,胃腸の負担も軽くします。
口臭予防
さわやかな息は,やさしいエチケット。歯周病や内臓疾患などでは病的口臭が現れます。
脳の活性化
噛むことは脳の活動を活発にします。自分の歯で噛めることが認知症の予防にもつながります。
松戸歯学部 学びのチャンス

国家試験合格までの
万全サポート体制

日本大学松戸歯学部は「学修支援補習講義」や「歯科医学総合講義6」,「学修サポート委員会」などの歯科医師国家試験対策プログラムを用意しています。

第113回歯科医師国家試験結果
(令和元年度)
  松戸歯学部の
合格率
私立歯科大学の
平均合格率
総数

66.3%

合格者112名
/受験者169名

61.7%

新卒

80.5%

76.7%

取得できる資格・免許

日本大学松戸歯学部

〒271-8587 千葉県松戸市栄町西2-870-1
TEL.047-368-6111(代表)
FAX.047-364-6295

交通アクセス