解剖学

所属メンバー

教授
近藤 信太郎
准教授五十嵐 由里子
専任講師
佐々木 佳世子,松野 昌展

講座の特徴

 歯科臨床では主に口腔周辺の治療を行いますが,患者さんの全身状態を把握していることが必要です。解剖学はヒトの全身の正常な形態と構造を研究する学問で,医学・歯学の最も基盤となる領域です。歯の形態を学ぶ歯の解剖学は歯科臨床には欠かせない知識です。解剖学には肉眼的な形態を対象とするマクロの分野と微細構造を対象とするミクロの分野があります。当講座は解剖学のうちマクロの分野を担当します。
 ヒトの体は性別,年齢,地域集団などによってさまざまな形態をしており,正常と考えられる形態には幅があります。この幅を変異とよびます。患者さんの体は一人一人異なっていますから,歯科臨床においてヒトの変異を知ることは重要です。
 正常な人体の構造を学ぶために解剖学実習を行います。この実習は医学・歯学の教育・研究のために自らの体を提供された方々のご遺体によって行われます。この崇高な行為を篤志献体といいます。解剖学は人体の構造を学ぶとともにヒトの死と生について考え,医の倫理を学ぶ場ともいえます。当講座の教育は日本大学松戸歯学部白菊会の会員の方々によって支えられています。

研究内容

 当講座は,伝統的にヒトや霊長類の歯や歯列さらに頭蓋の形態の数量的解析を行ってきました。現在は以下のテーマに沿った研究を展開しています。これらの研究の多くは学内のみならず,国内・国外の大学・研究所等との共同で進められています。



  1. 歯の人類学的研究:海外や国内の調査で得られた人類諸集団やさまざまな霊長類の歯の形態を分析し,変異や性差,人類の進化を明らかにする研究を行っています。歯の形態分析の方法として,歯冠・歯根形質の観察や計測,歯冠の二次元的・三次元的な計測など多様な手法を用いています。得られたデータは統計的手法によって分析され,歯の形態からはさまざまなことが分かります。
  2.  歯の遺伝学的研究:双生児の歯列模型を使って歯の形態に関与する遺伝と環境要因の分析を進めています。双生児には2種類あります。一卵性双生児は一つの受精卵が分裂して生れるため,DNAをほぼ100%共有しています。二卵性双生児は二つの卵子がそれぞれ別の精子と受精して生まれ,DNAの共有率は50%以上とされています。双生児モデルでは一卵性双生児と二卵性双生児とを環境変化のもとで比較することで遺伝性を分析します。この研究によって,ヒトの歯の形態変異をより深く理解でき,形態異常の要因も推測することができると考えられます。
  3. コンピュータ断層撮影(CT)を用いた顎顔面領域の形態学的研究:CTを用いて,下顎骨,上顎洞などの形態の加齢的変化,時代的変化に関する三次元計測を行っています。また,歯科領域で重要な三叉神経の頭蓋内の経路を分析しています。この研究はヒトのみならず,さまざまな霊長類の頭蓋骨を対象としており,ヒト化の過程が推測できる情報が得られることが期待されます。
  4. 歯や咀嚼器官の比較解剖学的研究:ヒトの咀嚼器官の形態的な特徴を明らかにする目的で,いろいろな哺乳類を比較するというアプローチで研究をしてきました。ヒトだけを見ていてもその特徴はなかなか見えてこないものです。ある生命の現象をヒトに限って観察するのではなく,様々な動物種を比較して多角的にその現象を考えて,その本質を見抜く方法であると言い換えることもできるでしょう。
  5. 人工知能(AI)を歯の鑑別や骨形態の判別に利用する研究。歯の鑑別は大規模災害等の個人識別に応用されますが,こうした鑑別をAIによって自動化する試みです。多数の歯や骨の画像をコンピュータに読み込ませるディープラーニングの技術を使って判別能を検討していきます。この研究は理工学部の内木場文男教授のグループと共同で進めています。

ページのトップへ