学部長メッセージ

学部長
日本大学松戸歯学部 学部長
小方 賴昌
 おがた よりまさ

人間性豊かな、広く社会に貢献できる歯科医師を育成します

松戸歯学部は2021年に創設50周年を迎えます。1971年の開学以来,国民の歯科医療と歯科医学に貢献できる歯科医師を数多く輩出してきました。

松戸歯学部は,歯科学を「口腔科学(Oral Science)」と捉え,医学の一分科としての教育を展開してきました。口腔の健康は全身の健康につながるという考えは,医科歯科連携,地域包括医療・ケアとよばれるシステムの先駆的概念です。松戸歯学部付属病院の施設および来院患者数は,国内有数規模であり、千葉県の歯科医療の一翼を担っています。「一口腔一単位」を基本コンセプトとし,医師と連携できる知識と能力を有する歯科医師を育成するとともに,口腔の健康を通じて全身の健康を支える“口腔の専門医”として,患者心理を理解し,適切な説明と治療ができる歯科医師を育成することを目指しています。
日本は現在,少子・高齢化社会を迎えています。高齢者の健康寿命延伸のためには,「口腔の健康維持」が極めて重要であり,それを支えるのが歯科医師です。歯科医師は,人間にとって生きるための「食」を支える重要器官に関わるスペシャリストにほかなりません。

日本大学松戸歯学部では,日本大学教育憲章に有る「自主創造」の「自ら学び,自ら考え,自ら道をひらく」を根幹とした教育を行っています。歯科医療と歯科医学を通して社会に貢献する,目的意識が高く,人間性豊かな歯科医師の育成をめざしています。
ページのトップへ