歯内療法学

所属メンバー

専任講師
岡部 達,神尾 直人
助教
鈴木 誠,葉山 朋美,深井 譲滋,渡邊 昂洋
専修医

石井 理裕,菅原 千佳代,染谷 ひとみ,田中 眞治

講座の特徴

 歯内療法学講座は昭和55年に初代 山崎宗與教授の指導で歯内療法学を担当する保存学Ⅲ講座として始まりました。平成17年に歯内療法学講座と名称を変更し,松島潔が教授となり,現在に至ります。

 付属病院における臨床の場では,マイクロスコープを用いた精密根管治療,コンポジットレジン修復や漂白処置を積極的に行っております。

 研究に関しては,歯髄炎と硬組織形成機構について細胞生理学的に解明し,歯髄創傷治癒そして再生を目指した研究を行っております。

 教育の場としては,3年次・4年次の保存学における歯内療法学分野の授業及び実習を行い,また6年次生の国家試験に向けた授業では学生からも高い評価を得ています。

 根管治療は細かくて面倒くさいと思われがちですが,歯の[保存]に関して非常に重要な位置づけであると考えます。

研究内容

本講座の主な研究テーマとしては,

  1. 歯髄組織の細胞機能的研究(炎症,石灰化)
  2. 根管の解剖学的研究
  3. Ni-Tiファイルを用いた根管形成
  4. 根管形成時における根管拡大器具の金属疲労の研究

等があります。

ページのトップへ