学生の学びについて

先輩からのメッセージはこちらから

1・2年次の学びについて

大塚 洋平さん
大塚 洋平さん
 1年次では教養科目である数学や物理、生物、化学、英語、ドイツ語などを学びました。各科目の先生方 が優しく丁寧におしえてくださったので,高校で文系のコースだった私もしっかりとした知識を身につけ ることができました。
 2年次では基礎医学である解剖学や組織学、生理学、生化学、微生物学などを学びました。一番印象に残っ た授業は、2年次の後期に行う「解剖実習」です。人体の骨、筋肉、血管、神経、各臓器について学べたこと は大変貴重な体験であり、1・2年次で基礎医学を履修したことは,知識はもちろんのこと、歯科医師にな る者としての心構えや人間の尊厳を学ぶことができたと思っています。このことは、歯科医学のプロフェッ ショナルになるために必ず活きてくると考えています。

3年次の学びについて

鈴木 昇健さん
鈴木 昇健さん
 「歯は何を使って削っているのだろう?」,「虫歯はどうやってきれいに治しているのだろう?」と一度は疑問に思ったこと があると思います。3年次では,そんな疑問が解決します。2年次まで学んだ基礎歯科医学を応用して,「歯科医師らしい科目」 である臨床歯科医学領域を勉強するからです。実際に歯を器具で削ったり,削ったところをきれいに治したり入れ歯を作っ たりする授業や実習を行います。自分が製作した入れ歯やかぶせものが完成した時の達成感は最高でした。3年次ではとに かく手を動かす実習が多いのが特徴です。授業や実習時間も増え毎日が新しいことばかりで,大変な時期もあります。しかし, 今まで知らなかったことを理解できた時や自分で出来るようになった時にとてもやりがいが感じられました。3年次の1年 間での学びによって「自分は歯科医師になるのだ」という自覚がさらに強くなりました。

4年次の学びについて

山田 彩加さん
山田 彩加さん
 4 年次になると3 年次までの勉強に加えて,臨床科目の授業が増えて,より一層専門的な分野の講義や実 習を行います。私が特に興味深く感じた講義の一つに「総合医学」があります。この講義を通して医学領域に ついて広く学ぶことができ,松戸歯学部の教育理念である「医学的歯科学」を実感することができました。ま た,歯科医学総合講義4では,4年次終了時に行われる共用試験(CBT とOSCE )に向けて,今までの知識を 総復習する講義を受けることで,無事に合格することが出来ました。大学では,グループ学修や自分に合っ た勉強法を見つけて,コツコツと学ぶことが大切です。私は4年間,部活動にも力を入れてきました。歯科医 師という職業は,とてもハードで体力が必要だと先輩達から聞いていたからです。勉強と部活を両立できる 環境が整っていることも松戸歯学部の良いところです。

5・6年次の学びについて

松村 称子さん
松村 称子さん
 5・6年次における臨床実習の最大の長所は,来院患者さんが多く,見学だけの臨床実習ではなく実際の治療に参加させてもら える診療参加型であるということです。院内生一人一人に,患者さんが配当され,治療計画から単純な治療まで私たちが担当します。 院内生のうちから責任をもって患者さんと接することになるため,歯科医師となるためのプロフェッショナリズムが高まります。 歯科医師国家試験に向けての歯科医学総合講義6では,先生方の親身で情熱溢れる講義が特長です。理解できなかったことに対し ては,いつでもウェルカムで,学生が質問し,話し易く,またインターネット(webclass)を通じて先生に質問することもできます。 先生方から積極的な情報発信がなされるなど,時間を有効に使いながら疑問を解決し,知識を深めることができました。
 松戸歯学部での6年間はよく遊び,よく学んで過ごしたと思います。松戸歯学部のカリキュラムを信じて勉強すれば,必ず歯科 医師国家試験に合格できると思います。皆さんの貴重な大学生活を松戸歯学部で過ごしてみてください。


障がいのある学生支援のガイドライン

基本姿勢

すべての教職員が,障がいを理由とした差別の解消に積極的に取り組み,障がい学生と障がいのない学生が共に学べるように支援します。また,障がい学生の効果的な支援には,学生の協力が不可欠です。障がいのない学生が,無理なく積極的に支援にかかわれるような体制を構築します。

支援内容
  • 入学試験出願前の相談

    障がいにより通常の入学試験の受験や入学後の修学に支障がある場合は,入学試験の出願前に学部の入試係に相談してください。本人,保護者,学部の3者による丁寧な対話のもと,受験の際の配慮内容や入学後に可能な配慮内容について確認を行います。学部の事情等によって希望する支援を提供することが難しい場合もありますが,可能な限り障壁を取り除き,受け入れられるよう努力します。

  • 入学後の支援

    障がい学生の支援窓口として,学部に「学生支援室」を設置します。学生支援室を介して教員,教務課,学生課,保健室などと建設的な対話を行い,具体的な支援を決定していきます。

    • 入学時面談

      入学が決まると早い段階で本人や保護者と面談を行い,必要な支援内容について再確認を行います。

    • 定期面談・相談

      障がい学生と定期的に面談を行い,支援が順調に進んでいるかを確認します。
      また,大学での勉強や学生生活に不安を抱えている学生に対して,気軽に相談できるよう「学生支援窓口」を整えています。

    • 授業支援

      障がいに応じて可能な限り支援を行うよう努力します。
      (1)視覚障がい(2)聴覚障がい(3)肢体不自由(4)発達障がい,病弱・虚弱
      専門知識・技術を持った人間性豊かな歯科医師・研究者育成のため,個別に対応を検討します。

    • 試験においての支援

      障がいに応じて可能な限り次のような支援を行うよう努力します。
      支援機器の利用,試験教室の変更(別室受験) 等

    • 就職支援

      学生支援室に相談することにより,支援を受けることができます。

    • 学生生活支援

      授業・試験以外の行事においても,障がい学生が参加できるよう,障がいに応じて出来る限りの支援を行います。

施設設備の支援

障がいの有無に関わらずすべての学生が,キャンパスのどこにおいてもお互いに学び合える環境の整備をめざして,キャンパスの整備に取り組みます。

教職員・学生への啓発

すべての教職員・学生が障がいを理由とした差別の解消に対して正しく理解し,積極的に障がい学生支援に取り組むよう,講演会,研修会などの啓発活動を行い,すべての人に開かれた学部を目指します。

情報公開

障がい学生の在学状況,障がい学生に対する支援の方法などについて,ホームページ等において情報公開します。

ページのトップへ