HOME > 診療科のご案内 > 補綴診療科
補綴科
Division of Prosthodontics

補綴のご案内

総入れ歯補綴(ホテツ)科では,むし歯や歯が欠けたり,歯の神経がなくなった歯にクラウンと言うかぶせ物をしてかみ合わせや審美的な障害を回復させます。このクラウンの材料は金属だけでなく,金属を使用せず歯と同じ色のセラミック材を使うことにより,自分の歯と区別がつかないぐらいきれいな歯にすることができます。
むし歯や歯槽膿漏によって歯が抜けた場合,失った歯が少なければ無くなった歯の前後の歯を削って支柱にして取り外しのできないブリッジを行います。


総入れ歯失った歯が多くなると部分入れ歯を,さらに歯が全部無くなった場合は総入れ歯の治療を行います。入れ歯を装着することにより,食事の不都合さを軽減したり,うまく話せるようになったり,見た目も良くなることで,生活の向上と健康を維持させることにつながります。
入れ歯の見た目や丈夫さ,フィット感の向上について専門の医員が対応しております。

診療スタッフの紹介

氏 名
科長 河相 安彦
医長 大村 祐史

診療実績

私たち補綴科のスタッフは,むし歯や欠けた歯を元の歯に近づけるように治療し,失われた歯に対しては患者さんの診査診断をし,審美性など要望に沿えるような治療法を行っており,食の楽しみや健康維持に努めております。

診療分野・医療機器について

審美的障害や歯を失うことでの咀嚼機能の回復を主に行っております。
最高水準の材料を用いて,お口の中の型を取ったり,かみ合わせを取ったりしています。また,かぶせ物や入れ歯の製作,かみ合わせの検査を最新機種によって行うことで長期的に使用できるようなかぶせ物や入れ歯を提供しております。

フロアガイド(補綴診療科)

補綴診療科
▲ ページトップへ