松戸歯学部について

松戸歯学部の学びのチャンス

歯科医学は医学の一部,口腔の健康は全身の健康を支えます。
教育理念
がん予防
噛むことによって唾液の分泌が多くなりますが,この中に含まれるペルオキシダーゼは発がん性を減少させる効果があります。 また,終末にはがんを発症するエイズは口腔カンジダ症や口腔かいようが発症の初期症状として診断的価値の高いものです。

感染予防
口腔は食べ物や飲み物,そして外気の入り口です。充分な唾液は口内の自浄作用があり,感染の予防になります。 うがいや歯磨きの励行は感染予防につながります。

豊かな表情
きれいな歯は健康の証。明眸皓歯,美貌はもとより表情豊かなヒトを創ります。 舌の運動は表情筋の運動にもなり表情が和やかになります。
体力向上
しっかりと噛むことは,あごや歯の発育ばかりではなく,全身の健康に大きく影響してきます。 よく噛んで食べると,唾液の分泌が多くなり消化吸収を助けます。

消化促進
よく噛んで食べると,食物が小さくなるのはもちろんですが唾液の分泌が多くなり消化吸収を助けます。胃の負担も減少します。

口臭予防
口臭は種々の警告信号。臭いの強い食事の後はもちろんですが,歯周病や内臓疾患などで現れます。

脳の活性化
噛むことは脳の代謝活動を活発にします。自分の歯を多く残し,また,健康に噛めることが認知症の予防にもつながります。



松戸歯学部の強み

臨床実習での症例数は全国TOP3。

院内実習では,担当医,患者さん,医療スタッフと関わりながら治療に参加します。 臨床実習で経験する症例数は,国公立大学を含む歯学系学部で,全国トップ3に入るほどです。 実習を通じて,知識・技術だけでなく,柔軟なコミュニケーションスキルを身につけた即戦力となる歯科医師を養成します。 実際に患者さんと接し,歯科医師としての自覚がより強くなります。

最新設備の付属病院で臨床実習。

最新鋭の設備を整えた付属病院でじっくりと臨床実習に取り組めるのも大きな強みです。 実習の舞台となる,地上4階,地下1階の病院棟は,最新鋭のCT,MRI,血管造影装置など,様々な最先端検査機器を備え, 今後さらに複雑化・多様化する医療ニーズに対応した知識とスキルを身につけることができます。 大学病院としては,国内初の電子カルテを導入するなど,院内業務の効率化を図っています。

“松戸”ならではの生活がしやすい環境。

松戸歯学部がある松戸市は,ロケーションの良さも魅力です。JR常磐線で上野からわずか20分, 東京都心(御茶ノ水駅)まで26分とアクセスの良い立地にあります。家賃相場はJR山手線内(水道橋・御茶ノ水)が8万7000円なのに対し, 松戸は,4万9000円と約半額(同等の部屋を借りた場合)になります。経済的にもとても生活しやすい環境といえます。

ページのトップへ