歯科の技工士とは?
総合歯科院内技工士の主な業務は,歯科医師が口腔内の形をとり,それに基づき精密な石膏模型を作製(口腔内は,もの凄く敏感です)します。それらの各模型をそれぞれ専門の部署に仕分けし,担当の技工士が,インプラント・ポーセレン・クラウン(かぶせもの)系,総義歯・局部義歯(入れ歯)系,スポーツ・睡眠歯科(マウスガード等)系,患者さん固有の歯の色調(シェードテイキング)を見る,修理(患者様が使用している義歯やクラウンなどの不具合が生じた場合に,その場で修理が可能で少しお待ちいただくことができれば修理を致します,長時間また日数を要する修理もあります)系,などの業務にあたります。

総合歯科歯の材料には,さまざまな特色があります,たとえば金属・アクリル系レジン・ポリアミド系レジン・ハイブリットレジン(レジンにセラミックが含まれています)メタルボンド(専用金属にセラミックを焼き付ける)オールセラミックス(金属を使わないセラミック)などがあります。

近年患者さんの歯並びや歯の色や形などに対する審美的な,高いご要望が有り,セラミック(せともの)キャスタブルクラウン(ガラスを溶かして歯の形を作る)ジルコニア(主原料は酸化ジルコニウム強度があり生体親和性に優れています,素材のブロックをCAD・CAMで削りだしてつくリます)IPSe.maxプレス(耐久性があり,破折の心配が少なく天然歯と同様の耐磨耗性を併せ持つので対合歯に対してもよいと思われます)などの素材が使われています。

患者さんのニーズに応えられる為に,セミナーや学会等に出席し最新の材料学や技術向上を目指し日々研鑽を致しております。それによりJSOIインプラント専門技工士やJASD認定MGテクニカルインストラクターなどの資格を取得し,患者様のために少しでもお役にたちたいと思っています。


連絡先

日本大学松戸歯学部付属病院 職員技工室 主任 石川 栄
▲ ページトップへ