HOME > 診療科のご案内 > 口・顔・頭の痛み外来
口・顔・頭の痛み外来
Department of Orofacial 
and Head Pain Clinic

口・顔・頭の痛み外来のご案内

外来日本大学松戸歯学部では平成18年の新病院開院とともに,国内でも他に類を見ない,歯科と医科の医師が同時に,同じ診療室で,口,顔,頭の痛みを診察するという「口・顔・頭の痛み外来」をスタートさせました。この外来に一番多くおいでになるのは,顎関節の痛みの方や顎関節周辺の筋肉の痛みの患者さんです。

さらに,いろんな歯科で歯を治療したがまだ痛い方や抜歯したあとも痛い,各種の顔面の神経痛や舌がヒリヒリする舌痛症,頬や顎などが慢性に痛むが調べても病名のつかない顔面痛などの患者さんです。
また,慢性,習慣性のつらい頭痛の患者さんなど,文字通り,口から,顔,頭と頭部の痛みのすべての患者さんが訪れています。

なぜ「口・顔・頭」なのでしょうか
なぜ歯科大学病院に「口・顔・頭の痛み」の専門外来を設置したのでしょうか?それはたとえば,顎関節に原因のある顎関節症関連の痛みの患者さんがたくさん当病院にみえますが,多くの場合,顎関節そのものよりも,顎関節を動かす筋肉に過剰の負担を持っていることが多いのです。こうした噛むためにある筋肉は,近くで働いている首の筋肉や頭部の筋肉と密接に関連していますから,いわゆる肩こり頭痛(緊張型頭痛)や首の痛みなどを一緒に持っている場合が多く見られます。このような方では,顎の周辺だけでなく,首や肩こりも一緒に治療することが効果的で必要なことなのです。

また,顔に痛みを持っている患者さんでは歯科,耳鼻咽喉科,頭頸部外科,内科,脳神経外科などいくつもの病院を回り回って,それでも診断が明らかにならない,対処法を指導されない,ということが多く起きています。こうした患者さんに充分な診療をできるように体制を整えました。

実際の診察は
外来そこで,「口・顔・頭の痛み外来」では,それぞれの専門医の診察を受けるには何カ所も病院を回らなければならない現状を打開して,迅速に集中して口・顔・頭の痛みに対応するため,歯科医,口腔外科医,顎関節の専門医,耳鼻咽喉科の専門医,頭痛専門医,脳神経外科専門医などをひとつの外来に集中して配置しました。これにより患者さんが病院を回るのではなく,各種の医師がひとりの患者さんの周りを取り囲んで診察するイメージとしました。
以上のように,連携をより緊密にして診断の遅れや漏れを最小限にする努力をしています。まず初診担当がお会いして方向付けを行い,可能な限り同じ日のうちに必要な専門担当の診察をすませて初期の治療方針を決定するようなシステムとなっています。

診療スタッフの紹介

氏 名
外来責任者 小見山 道
医員 成田 紀之,西村 均,内田 貴之,大久保 昌和,
神谷 和伸,下坂 典立,飯田 崇
医員 牧山 康秀,丹羽 秀夫
  痛み歯科 痛み医科
月曜日 大久保・飯田 牧山・丹羽
火曜日 成田・神谷 牧山・丹羽
水曜日 下坂・成田 牧山・丹羽
木曜日 西村・小見山・飯田 牧山・丹羽
金曜日 内田・小見山 牧山
土曜日 成田・下坂 牧山
 

診療実績

1年間の初診患者数は約1200名です。そのうち主な訴えでは,顎関節症の方は約800名,舌痛症の方は約150名,頭痛の方は約50名,神経痛の方は約50名,となっています。

診療分野・医療機器について

歯科医,口腔外科医,顎関節の専門医,口腔顔面痛の専門医,耳鼻咽喉科の専門医,頭痛専門医,脳神経外科専門医が,診療にあたっています。

口・顔・頭の痛み外来受付案内

TEL 047-360-9583

フロアガイド(口・顔・頭の痛み外来)

口・顔・頭の痛み外来
▲ ページトップへ