患者さんからの素朴な疑問

歯はどうして痛くなる?:虫歯菌と歯周病菌

Q:むし歯菌と歯周病の細菌は違いますか?
歯の痛みの最も多い原因はむし歯ですが,その原因となるむし歯菌についてあまり知っている人はいないようです。また歯周病(歯槽膿漏)も同じく細菌が原因です。ここでは,むし歯と歯周病の細菌について2人の先生に解説していただきます。

むし歯菌のルーツを尋ねて

イヌ,ネコには虫歯菌はいない
近年,イヌやネコはペットからコンパニオンアニマル(伴侶動物)と呼ばれ,家族の一員と考えられるようになってきました。そのためヒトとの接触がより密になり,自分のお菓子を分け与えるヒトも稀ではなくなったその結果,ヒトのむし歯菌がイヌやネコに移るのではないか,あるいは自分の飼っているイヌやネコにもむし歯菌がいて,甘いものを食べることで,ヒトと同じように虫歯ができてしまうのではないかと不安に思っている人も少なくないと思います。

昔からイヌやネコにむし歯がないのは,歯が円錐形で,歯と歯の間が空いているためとされ,歯の形態がむし歯になり易いか,否かが重要とされてきました。そこで,実際にイヌやネコの口の細菌を調べてみたところ,イヌやネコにはヒト口腔内にいる菌とは全く異なる菌が多く住み着いていることがわかりましたが,固有のむし歯菌は見出されませんでした。
きわめて稀にですが,毎日お菓子をあげているイヌに,一過性にヒトのむし歯菌が見つかった例もありますが,ヒトのむし歯菌がイヌやネコに定住する可能性はまずないといってもよいと思います。

ですから,イヌやネコにむし歯があったといわれる場合は,おそらく歯が欠けた後に黒くなって,いかにもむし歯のように見えたものと思われます。余談ですが,むし歯菌はいないのに,ヒトの歯周病菌といわれているのと同じ仲間の細菌がイヌやネコには生息しています。


甘いものを食する動物の場合
コウモリのむし歯菌を集めている様子
図1.コウモリからむし歯菌を集めている様子

ゾウのむし歯菌を集めている様子
図2.ゾウにもむし歯菌が生息しています。
同じように尖った歯をもっているコウモリのうち,糖分を含むフルーツを主食にしているコウモリには固有のむし歯菌が存在します。実際にむし歯になっているか口の中をよく調べたことはないのでわかりませんが,むし歯になる程の砂糖は取っていないようです。

家畜のブタは離乳時に比較的砂糖の多く含まれた飼料を与えられているので,この時期に固有のむし歯菌が口腔にたくさん生息しています。しかし,それ以後に与えられる飼料には砂糖が殆ど含まれていないため,むし歯菌は検出することができない程減少してしまいます。砂糖の影響がいかに大きいのかよく解ります。

もちろん野生のイノシシにもブタと同じ菌種のむし歯菌が生息しています。さらに,異なる地域にいるイノシシからも同じむし歯菌が検出されたことから,日本のどのイノシシにも同じような固有のむし歯菌がわずかながら生息していると思われます。

一方,ハチミツの大好きな野生のクマの口腔にも固有の虫歯菌が生息しており,毎日のように果物を食べている動物園のゾウにも多くの固有のむし歯菌が生息しています。そのほか,レッサーパンダや草食のウマやロバにも固有のむし歯菌が存在しています。

肉食系の動物には虫歯菌はいない
このような結果から類推すると,祖先を肉食とするものには虫歯菌はいないようです。また,虫歯菌はそれぞれの動物に固有であり,系統発生的に調べたところ,虫歯菌は動物の進化に伴って変遷してきているとは考えにくいのです。おそらく同じくらいの時期に砂糖を含んだ食べ物を食する機会があった動物に,それぞれ突然変異的に,あるいは適応して虫歯菌が生息するようになったものと思われます。


元口腔微生物学講座 名誉教授 平澤 正知






歯周病と全身疾患

歯周病と免疫

歯周病の歯の周囲にたまった歯垢
図3.歯垢は最近の塊
歯周病は日本人の成人の80パーセント以上が罹患する代表的な感染症で,歯ぐきに沈着した歯垢(プラーク)内の一群の細菌によって起こります。
症状としては,歯肉が赤く腫れ歯の周囲組織がこわれ,歯が抜けてしまう病気ですが,痛みを伴わないため知らないうちに症状が進みます。炎症が続くと骨を溶かす細胞(破骨細胞)が活性化されて歯を支えている骨を溶かしてしまいます。歯周病原菌は誰の口にも棲息する常在菌ですが,強い病原性を持つわけではなく,歯周病原菌が存在していても歯周病にならない人もいます。

口腔清掃が不十分でプラーク量が増え,加齢などにより免疫力が低下すると発症すると考えられています。口腔には700種類を越す細菌種が常在しています。これらの細菌は本来口腔粘膜の免疫担当細胞を刺激し,外来性の病原菌やウイルスの侵入を防いでくれます。

しかし,免疫力が衰え,特定の細菌種が増えてくると容赦なく組織内に入り込み,歯周病などの口腔疾患を発症します。歯周病は細菌だけが原因ではなく,免疫力の低下が問題となります。

歯周病と全身疾患
歯周病と全身疾患の関係を示す模式図
図4.歯周病と全身疾患
近年,歯周病が糖尿病・心臓疾患・動脈硬化・誤嚥性肺炎・早産・低体重児出産・骨粗しょう症・腎炎・関節炎といった全身疾患の「リスクファクター」(病気の原因となる危険因子)となることがわかってきました(図4)。

糖尿病
糖尿病は歯周病を重症化させやすいと同時に,歯周病が糖尿病を重症化させる因子にもなっています。重度の歯周病患者では炎症細胞から産生されるサイトカインがインスリン抵抗性を惹き起こし,血糖値のコントロールが出来なくなると考えられています。

心臓疾患・動脈硬化
歯周病原因菌による炎症から血の固まりができやすくなるため,動脈硬化や心筋梗塞や狭心症などの原因となります。また,心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし,細菌性心内膜炎もおこします。


誤嚥性肺炎
嚥下機能低下により歯周病原因菌などが肺に誤嚥されると肺炎の原因になります。通常では誤嚥された細菌は速やかに肺胞のマクロファージなどによって排除されますが,免疫力の低下により肺炎になります。高齢者の肺炎を減らすには,口腔ケアがきわめて効果的です。


早産・低体重児出産
歯周病により体内に産生される物質が,血流を介して胎盤に流入し早産を引き起こします。歯周病に罹患している妊婦は,早産に対し4倍,低体重出産に対し5倍のリスクがあると報告されています。口腔ケアは,お口ばかりでなく,全身の健康のためにもとても重要です。


口腔免疫学講座 准教授 落合智子
あわせて読みたい!

患者さんの素朴な疑問


▲ ページトップへ