病院ニュース
教職員マラソン部が松戸七草マラソン大会に出場しました!

1月8日に松戸市七草マラソン大会が行われました。インフルエンザや胃腸炎の流行る健康管理の難しい時期ではありましたが,10名を超える当院マラソン部メンバーが出走しました。前回ご案内しましたとおり,日本大学松戸歯学部付属病院と書かれたピンク色のビブスを着用して走りました。皆様の声援に手を振って応えられましたでしょうか?
今年は箱根駅伝の現役選手や海外の選手が招待されたこともあり,沿道の人々も普段より多かったように思えます。もちろん日大頑張れ~という声も聞こえました。また,会場や沿道に駆けつけた教職員からの応援を受け,大変心強く思いました。
メンバーそれぞれが力を出して走りました。そして,走り終えた後はメンバーの出迎えもあり苦しくも爽快な気分を味わえたと思います。
当初の天気予報は雨でしたが,降り出す少し前には大会を終えることができましたことは何より幸運なことでした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
大会後日談
《メンバーからの声》
楽しかったです。体中が痛い。内股が擦れた。発熱でダウンした(私)。などなど
《教職員応援団からの声》
〇市民ランナーの皆さんと松戸歯学部のマラソン部の皆さんの熱い走りに触れることができて楽しかったです。
〇来年は1月に七草マラソンファミリー部門,2月に東京マラソン前日祭ファミリーマラソンには出ようと思ってまーす。
〇マラソン部 カッコいいですね。部員も増えてますね〜!!来年は仲間に入れるよう,少しずつ鍛えたいと思います。
〇子供と応援に行きましたが,皆さんが気づいてくれて楽しんでくれていたようで良かったです。皆さんの最後まであきらめない気持ちを子供にも伝えるため来年はファミリー2Kといったところでしょうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今後予定している活動としましては5月の柏の葉爽快マラソンリレー大会があります。全42kmを4.2km単位で襷(たすき)をつないで走りきるレースですが、繋(つな)ぐ責任感と,チームの一体感を存分に味わうことが出来ます。今叫ばれているチーム医療にもきっと役立つことでしょう。
また、この時もピンク色のビブスが活躍しますのでお見かけした際は大きな声援を送ってください!家族連れがバーベキューを楽しんでいる広場の横を,美味しそうなけむりに負けそうになりながら皆様の主治医たちが走る姿を見られるかもしれません。もし余裕がございましたらまた笑顔でお応えします!
今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

教職員マラソン部幹事
薬剤室 小松崎康文


> 過去の記事一覧へ
▲ ページトップへ