講座について

メディコデンタルサイエンス スポーツ健康歯科とは





 スポーツは,現代社会における生活の一部として欠かせないものになっています。そして安全第一なスポーツですが,一方でケガを防止しきれないことも事実です。中でも歯科領域である顎・口腔・顔面のケガは外傷そのものの衝撃,痛みは当然のこと,衣服で覆うことのできない唯一の部位であるため,選手ばかりでなく家族や関係者にとっても,顔の変形や審美性の欠如が与える心理的影響は計り知れません。また,食事や栄養摂取の問題もあり,より確実な安全対策が求められます。
 一方,むし歯,歯周病,顎関症,歯列不正などの歯科疾患,あるいは噛みしめや歯ぎしりなどの口腔悪習癖等は口腔の健康維持に大きく関与しています。特にスポーツ選手,競技者に対しては,大きな病気やけがの原因になるばかりか,バランスの低下につながるなど,コンディショニングの維持安定に大きく影響を及ぼすことが最近の研究成果からわかってきました。このようなことに対応するのがスポーツ歯科です。
 ケガや歯科疾患が原因で試合や練習あるいはトレーニングに集中できないことは,結果としてケガの発生など競技パフォーマンスを低下させることにつながります。そこで我々スポーツ歯科医は選手の口腔内を常に良好な状態で維持するために治療やマウスガードの作製を行い,それが全身にどのような影響を与えているのか重心動揺や歩行解析を行うことで評価し,選手やコーチにフィードバックしています。近頃ではラグビーや空手道の選手だけでなく野球やサッカーなど比較的対人接触が少ない競技でもマウスガードを使用する選手が増えてきているのはこれが理由です。全身の健康管理やトレーニングだけに偏らず、口腔の健康管理についても十分な配慮すること,これこそが安定した競技力発揮につながるものと考えています。我々はアマチュアスポーツ愛好家からプロ選手に至る全ての方々を対象に競技力向上を目指し二人三脚で取り組んでいます。
 日本大学松戸歯学部には日本スポーツ歯科医学会認定医、(公財)日本体育協会・日本歯科医師会公認スポーツデンティストの資格を持ったたくさんの専門家がいます。
 今後スポーツ歯科医の専門性は高まり,必要性が増してくるでしょう。皆さんも目指してみませんか?


主な講座案内



ページのトップへ