教育研究上の目的

松戸歯学研究科

歯科医学の進歩に伴い,これまでの不可逆的な治療から,予防あるいは再生治療へと変わりつつある。それらの変化に的確に対応し,科学する能力を持った臨床医を育てること,未来の歯科医学を担う教育・研究指導者を養成する。
また,情報を整合的に解釈して診療にフィードバックできる臨床医あるいは研究者を養成する。

歯学専攻/博士課程

歯科医療の様々な問題に対して,科学的アプローチを行い,解決を導き出す能力を持った研究者を育成する。また最先端の研究成果の取り込みを行うことにより,それらの情報を歯科医療の現場にフィードバックし,口腔疾患の診断,治療,予防に役立てることができるような臨床医,未来の歯科医学を担う教育・研究者を育成する。

松戸歯学口腔科学研究所

歯学に関する学理・技術につき,各専門分野にわたる総合的研究を行う。



三つのポリシー(方針)

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

松戸歯学研究科では、歯科医療の様々な問題に対して科学的アプローチを行い、解決能力を持ち、最先端の研究成果からの情報を歯科医療現場にフィードバックし、口腔疾患の診断、治療、予防に役立てることができる臨床医、未来の歯科医学教育を担う教育者および世界をリードする研究者を育成する事を目的とし,入学者受入方針として下記の4点を掲げます。

1 臨床医として歯科医療現場をリードし、社会に貢献したいという目的意識を有している人
2 歯科医学分野の教育者、研究者として社会に貢献したいという目的意識を有している人
3 歯科医学および生命科学に関する高度な知識と実行力を持ち、真理への探究心を有している人
4 国際的な視野を持ち,世界的に活躍したい意欲を有している人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

4年間に専攻学科目,共通科目,演習科目を配し,指導教員の下で先進的な知識・技能や研究手法を修得したうえで研究成果を得られる環境を整え,国際的に活躍できる人材を養います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

4年間を通じ,本学部の教育方針に基づいて30単位以上を履修し,博士論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(歯学)の学位を授与します。



専攻学科目

<発育発達全身疾患学系>



<先端材料修復学系>



<口腔病態制御学系>



<口腔顎脳再建学系>



<組織細胞再生学系>



<病態診断検査学系>





ページのトップへ