教育研究上の目的

教育研究理念

自主創造の能力を養い,高い倫理観と省察力を有し,豊かな専門知識と問題解決能力に基づく研究,教育,臨床を通して,生涯に渡り人類の福祉と健康に貢献する人材を育成する。

目標

人類の福祉と健康から社会へ貢献し続けるために歯科医学の専門知識を身につけ,多様な価値,自己の立場・役割,日本の文化を理解し,高い職業倫理と世界への発信力を備えた研究・教育者,科学する力を持った臨床家を育成する。

松戸歯学口腔科学研究所

歯学に関する学理・技術につき,各専門分野にわたる総合的研究を行う。

三つのポリシー(方針)

1 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針,DP)

松戸歯学研究科は,日本大学の教育理念である「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」,「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力を遺憾なく発揮し,松戸歯学研究科の教育研究理念に基づいた履修区分にある授業科目をすべて修得して博士論文の審査および最終試験に合格し,以下の到達目標に達した者に博士(歯学)の学位を授与する。

<自ら学ぶ>
豊かな知識・教養に基づく高い倫理観
DP1. 研究に携わる者としての倫理に基づき,歯科医学を含む自然科学に関する諸課題の解決を通じて社会に貢献できる。
世界の現状を理解し,説明する力
DP2. 国際社会における歯科医学を含む自然科学の現状と課題を理解し,最先端の課題に取り組むことが出来る。
<自ら考える>
論理的・批判的思考力
DP3. 歯科医学を含む自然科学の諸課題の探求と解決に論理的かつ批判的な思考を以て取り組み,独創的な研究を行うことができる。
問題発見・解決力
DP4. 自ら発見した課題に対して,歯科医学を含む自然科学の知識・技術を応用し,実験・調査に基づく解決に自立して取り組むことができる。
<自ら道をひらく>
挑戦力
DP5. 歯科医学の研究者,教育者,臨床家として進んで新しいことに挑戦し,自らの道を切り拓くことができる。
コミュニケーション力
DP6. 歯科医学を含む自然科学の課題の探求と,解決・発信に必要なコミュニケーション力があり,かつ有効に運用できる。
リーダーシップ・協働力
DP7. 歯科医学を含む自然科学の課題の探求と解決に貢献するために他分野の研究者や他職種従事者と連携,協働かつ支援することができる。
省察力
DP8. 生涯にわたり謙虚に自己を見つめるとともに自己分析を欠かさず,歯科医学の研究者,教育者,臨床家として社会に貢献できるよう資質の向上に常に努めることができる。

2 カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針,CP)

松戸歯学研究科のディプロマ・ポリシーに示す能力を所定の年限で修得するために必要な学修領域として,専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の各履修区分で構成される体系的なカリキュラムを配置し,以下の方針に基づいた教育プログラムを実践する。
また,各履修区分の学修方法,学修過程,学修成果の評価の方法,評価基準をシラバスに明示し,学生に周知する。学修成果の評価に関しては,授業形態に即し,適正かつ厳格に実施する。

<自ら学ぶ>
豊かな知識・教養に基づく高い倫理観
CP1. 専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の学修を通じて,歯科医学を含む自然科学に関する理解を深め,歯科医学の研究者,教育者,臨床家としての基礎となるプロフェッショナリズムを身につける。
世界の現状を理解し,説明する力
CP2. 専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の学修における国内外の研究者,教育者,臨床家との交流・協働を通じて歯科医学を含む自然科学の課題を深く理解し,国際社会で活躍できる実践的な能力を養う。
<自ら考える>
論理的・批判的思考力
CP3. 専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の学修を通じて,論理的思考力を養い,自ら学ぶ学修態度によって専門的な知識を修得する能力を向上させる。
問題発見・解決力
CP4. 専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の学修を通じて,研究マインドに必要な探究心と問題解決能力を身につける。
<自ら道をひらく>
挑戦力
CP5. 専攻学科目,歯学特別演習の学修を通じて,歯科医学の研究者,教育者,臨床家として進んで新しいことに挑戦し,自らの道を切り拓くために必要な実験・調査の技術とコミュニケーション能力を養う。
コミュニケーション力
CP6. 専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の学修を通じて,円満で建設的な対人関係を構築できる優れた人格を備え,自らの意見や成果を社会に発信する力を持った歯科医学の研究者,教育者,臨床家を育成する。
リーダーシップ・協働力
CP7. 専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の学修を通じて,他分野の研究者や他職種従事者との連携・協働により視野を広げ,社会に貢献する能力を養う。
省察力
CP8. 専攻学科目,共通科目,歯学特別演習の学修を通じて,常に振り返りを行いながら自己の向上を図る必要性を理解し,歯科医学の研究者,教育者,臨床家として生涯にわたり資質の向上に常に努める姿勢を身につける。

3 アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針,AP)

松戸歯学研究科の教育研究理念・目標に合致した人を選抜するために,専攻学科目に関する基礎的学力と論理的思考力,コミュニケーション能力に関する試験を実施する。歯科医学を含む自然科学の様々な問題に対する科学的アプローチによる解決能力を持ち,最先端の研究成果からの情報を歯科医療現場にフィードバックし,口腔疾患の診断,治療,予防に役立てることができる臨床家,未来の歯科医学教育を担う教育者および世界をリードする研究者としての素質を総合的に評価し,以下の資質を持つ人を受け入れる。

AP1. 臨床家として歯科医学現場をリードし,社会に貢献したいという目的意識を有している人。

AP2. 歯科医学分野の教育者,研究者として社会に貢献したいという目的意識を有している人。

AP3. 歯科医学および生命科学に関する高度な知識と実行力を持ち,真理への探究心を有している人。

AP4. 国際的な視野を持ち,世界的に活躍したい意欲を有している人。

専攻学科目

<発育発達全身疾患学系>



<先端材料修復学系>



<口腔病態制御学系>



<口腔顎脳再建学系>



<組織細胞再生学系>



<病態診断検査学系>





ページのトップへ