研究施設

島津レーザーイオン化飛行型質量分析装置(AXIMA-CFR)

島津レーザーイオン化飛行型質量分析装置
物質の質量を,元素一つの重さまで精密に測定する機器です。最近では,この装置を利用してタンパク質分析が盛んに行われています。
タンパク質の種類は約10万といわれており,それぞれ断片の数や質量が異なります。これらの断片の質量を精密に測定し,この質量情報をデーターベースの断片質量情報と比較することによって,タンパク質の種類を特定することが可能となります。


フィールドエミッション型走査型電子顕微鏡

フィールドエミッション型走査型電子顕微鏡
超高真空に保たれたナノメートルの世界を観察しているところです。歯のエナメル質の原子配列を観察し,原子の乱れからう蝕の原因を探り,医学への応用を図ることができます。
松戸歯学部電子顕微鏡室には,ほかにも数台の先端的な電子顕微鏡が整備され,ライフサイエンスへ貢献するとともに,広く学生の実習や研究に公開されています。


GeneChip遺伝子解析装置

フィールドエミッション型走査型電子顕微鏡
GeneChipは,1/2インチ平方あたり数十万種類に及ぶ遺伝子プローブをアレイ上で合成した,ほかに類を見ない高密度マイクロアレイです。ヒト,マウス,ラットを中心に多くの生物種の遺伝子配列の変異や,遺伝子発現の変化を,一度の実験で確認できます。







ページのトップへ