履修科目案内

総合医学領域 / 歯科医学総合講義領域 / 臨床実習領域

総合医学領域/歯科医学総合講義領域/臨床実習領域
歯科治療は全身に影響を及ぼします。病気によっては口の中に症状が現れることもあり,歯科医師は歯科の治療方法だけでなく幅広い医学的知識を身に付けることが必要です。5年次からの臨床実習は付属病院で行われ,それまで学んだ知識を頭の中で総合して,インストラクターとともに治療方法を考え,患者さんに分かりやすいように説明し治療を行います。これらの実習を通して,医療現場の実務を習得します。担当医,患者さん,医療スタッフと実際に関わる院内実習は学ぶことも多いはずです。1年間の臨床実習の後,6年次の「課題別臨床実習」は,各診療料が設置したコースから学生が興味をもったコースを選択できるシステムです。「歯科医学総合講義6」では,これまでの実習や講義で学んだ内容をさらに統合し,総合的かつ専門的な学修をします。医学的知識と歯学的知識を合わせた歯科医学を実際の治療に常に反映し,さらに医療従事者として患者さんとの接し方を学ぶという教育体系が,松戸歯学部の特徴です。


授業科目一覧

総合医学領域
総合医学
臨床実習領域
臨床実習/課題別臨床実習
歯科医学総合講義領域
歯科医学総合講義1:基礎医学入門
歯科医学総合講義2:臨床歯科医学入門
歯科医学総合講義3:基礎と臨床
歯科医学総合講義4:歯科医療の基礎
歯科医学総合講義5:歯科医療の応用
歯科医学総合講義6:歯科医学の総括
歯科医療の展開/課題別講義



先輩からのメッセージ

松村 称子 さん


5・6年次の学びについて

5・6年次における臨床実習の最大の長所は,来院患者さんが多く,見学だけの臨床実習ではなく実際の治療に参加させてもらえる診療参加型であるということです。院内生一人一人に,患者さんが配当され,治療計画から単純な治療まで私たちが担当します。院内生のうちから責任をもって患者さんと接することになるため,歯科医師となるためのプロフェッショナリズムが高まります。

歯科医師国家試験に向けての歯科医学総合講義6では,先生方の親身で情熱溢れる講義が特長です。理解できなかったことに対しては,いつでもウェルカムで,学生が質問し,話し易く,またインターネット(webclass)を通じて先生に質問することもできます。先生方から積極的な情報発信がなされるなど,時間を有効に使いながら疑問を解決し,知識を深めることができました。

松戸歯学部での6年間はよく遊び,よく学んで過ごしたと思います。松戸歯学部のカリキュラムを信じて勉強すれば,必ず歯科医師国家試験に合格できると思います。皆さんの貴重な大学生活を松戸歯学部で過ごしてみてください。
ページのトップへ