履修科目案内

臨床歯科医学領域

臨床歯科医学領域/社会系歯科医学領域
基礎歯科医学を学び臨床歯科医学に進みます。全身についての医学的知識をもとに,歯科治療はどうあるべきかという理論と治療方法の実際を学びます。指導にあたるのは付属病院で日々実際に診療している教員ですので,最新の医療情報がリアルタイムに得られるとともに,治療の的確なアドバイスが可能です。さらに,学修目標を把握した上で得意分野を生かして,分かりやすく解説しています。あらゆる歯科疾患とその治療法を修得するためのカリキュラムはもちろん,本学では医学的歯学の観点からの歯科治療を重視し,「障害者歯科学」,「高齢者歯科学」,「歯科麻酔学」の科目を設置しています。歯科治療の対象として病気をもった方への対応を学ぶのは高齢化時代において必須といえます。


授業科目一覧

臨床歯科医学領域
栄養学/歯科材料学1/歯科材料学2/放射線学1/放射線学2/歯科保存学1/歯科保存学2/歯科補綴学1/歯科補綴学2/口腔顎顔面外科学/歯科麻酔学/小児歯科学/歯科矯正学/障害者歯科学/高齢者歯科学



先輩からのメッセージ

山田 彩加 さん

4年次の学びについて

4年次になると3年次までの勉強に加えて,臨床科目の授業が増えて,より一層専門的な分野の講義や実習を行います。私が特に興味深く感じた講義の一つに「総合医学」があります。この講義を通して医学領域について広く学ぶことができ,松戸歯学部の教育理念である「医学的歯科学」を実感することができました。また,歯科医学総合講義4では,4年次終了時に行われる共用試験(CBTとOSCE)に向けて,今までの知識を総復習する講義を受けることで,無事に合格することが出来ました。大学では,グループ学修や自分に合った勉強法を見つけて,コツコツと学ぶことが大切です。私は4年間,部活動にも力を入れてきました。歯科医師という職業は,とてもハードで体力が必要だと先輩達から聞いていたからです。勉強と部活を両立できる環境が整っていることも松戸歯学部の良いところです。
ページのトップへ