履修科目案内

基礎形態機能学領域 / 分子生物学領域 / 病態基礎医学領域 / 社会系歯科医学領域

基礎形態機能学領域/分子生物学領域/病態基礎医学領域
1年次から4年次に学ぶ基礎歯科医学は基礎形態機能学領域,分子生物学領域,病態基礎医学領域,社会系歯科医学領域からなります。ほとんどの科目が講義と実習で構成され,知識の確実な習得を目指しています。実際の歯を用いた実習を行う「歯の解剖学」では歯学部の学生であることが実感できます。「歯科材料学」では歯科材料の取り扱いを学習します。歯科医師は全身についての医学的知識も豊富でなければなりません。解剖学,組織・発生学,生理学,生化学などの基礎医学を通して,全身の器官や組織,細胞レベルの形態・機能を学びます。その後,病気の実態を解明するため,細菌学,病理学を学び,予防のための衛生・公衆衛生学,社会歯科学,予防歯科学,栄養学へと学修が進みます。


授業科目一覧

基礎形態機能学領域
解剖学/歯の解剖学/組織・発生学/生理学
分子生物学領域
生化学/薬理学1/薬理学2
病態基礎医学領域
細菌学/病理学1/病理学2
社会系歯科医学領域
衛生・公衆衛生学/社会歯科学/医療統計学/予防歯科学



先輩からのメッセージ

鈴木 昇健 さん

3年次の学びについて

「歯は何を使って削っているのだろう?」,「虫歯はどうやってきれいに治しているのだろう?」と一度は疑問に思ったことがあると思います。3年次では,そんな疑問が解決します。2年次まで学んだ基礎歯科医学を応用して,「歯科医師らしい科目」である臨床歯科医学領域を勉強するからです。実際に歯を器具で削ったり,削ったところをきれいに治したり入れ歯を作ったりする授業や実習を行います。自分が製作した入れ歯やかぶせものが完成した時の達成感は最高でした。3年次ではとにかく手を動かす実習が多いのが特徴です。授業や実習時間も増え毎日が新しいことばかりで,大変な時期もあります。しかし,今まで知らなかったことを理解できた時や自分で出来るようになった時にとてもやりがいが感じられました。3年次の1年間での学びによって「自分は歯科医師になるのだ」という自覚がさらに強くなりました。
ページのトップへ