履修科目案内

教養科目 / 外国語科目 / 保健体育科目 / 準備教育科目 / 医療行動科学領域

教養科目/外国語科目/保健体育科目/準備教育科目/医療行動科学領域
医学教育のグローバルスタンダードともいえる基準の一つに「プロフェッショナリズムの教育」が挙げられ,近年国民の信頼を得るために必要性が強調されています。
「医療行動科学1~9」では,歯科医師としてのプロフェッショナリズム習得のために,1年次から6年次にわたり継続的に学修します。1年次には「歯科医学とは何か」を,歴史的,社会文化的視野からほかの学問分野との関連の中で明らかにし,理解することで,自己に必要な知識,技能,態度と継続的な学修能力を身に付けることを目標にして学びます。
また,歯科医師には,専門知識や技術だけではなく,幅広い教養も必要との観点から,本学部では充実した授業科目を備えています。準備教育科目「数学」ではパソコンを利用した情報の処理方法や科学レポートの作成法を学修します。外国語科目は第1外国語「英語」のほかに,第2外国語として,「ドイツ語」を履修します。準備教育科目「物理学」「化学」「生物学」の学修では,基礎歯科医学科目との関連性を重視して学修指導を行います。
高校で選択しなかった科目については,補習授業を行って学生の学力アップを図っています。


授業科目一覧

教養科目
自主創造の基礎1/自主創造の基礎2/ドイツ文学/
比較文化論/美学/哲学/倫理学/心理学/
人類学/法学/社会学/科学哲学/
スポーツの生理学・心理学/生命の文化誌
外国語科目
英語/ドイツ語
保健体育科目
保健体育
準備教育科目
物理学/化学/生物学/数学
医療行動科学領域
医療行動科学1:歯科医学概論
医療行動科学2:医学・歯科医学史
医療行動科学3:医療倫理学
医療行動科学4:医療心理学
医療行動科学5:患者-医療者関係学
医療行動科学6:医療人間学
医療行動科学7:医療面接・歯科臨床判断学
医療行動科学8:医療コミュニケーション学
医療行動科学9:



先輩からのメッセージ

大塚 洋平 さん

1・2年次の学びについて

1年次では教養科目である数学や物理,生物,化学,英語,ドイツ語などを学びました。各科目の先生方が優しく丁寧におしえてくださったので,高校で文系のコースだった私もしっかりとした知識を身につけることができました。

2年次では基礎医学である解剖学や組織学,生理学,生化学,微生物学などを学びました。一番印象に残った授業は,2年次の後期に行う「解剖実習」です。人体の骨,筋肉,血管,神経,各臓器について学べたことは大変貴重な体験であり,1・2年次で基礎医学を履修したことは,知識はもちろんのこと,歯科医師になる者としての心構えや人間の尊厳を学ぶことができたと思っています。このことは,歯科医学のプロフェッショナルになるために必ず活きてくると考えています。
ページのトップへ