社会歯科学(形態発育学)

所属メンバー

  • 教授佐竹 隆

講座の特徴

①形態発育学は,人体解剖学,歯の解剖学,生体学,健康教育学,統計学をハイポ・サイエンスに,ヒトのからだの形態の加齢変化について分析することを講座の基本方針とし,特に子どもを対象に縦断的調査方法を用い,発育の個体変異を明らかにしていく。

②社会歯科学講座にあって,子どもの発育について頭頸部を含めた身体発育についての学的成果を広く社会に還元することを課題にする。

③日本とポーランドの子どもの縦断的調査による発育の比較研究を,Polish Academy of Sciences, Institute of Anthropology in Wroclaw と計画中。

④平成26年度の日本発育発達学会の年次学会(第13回大会)を本講座で主催する予定。
ページのトップへ