障害者歯科学

所属メンバー

  • 教授野本 たかと
  • 専任講師伊藤 政之,梅澤 幸司,遠藤 眞美,三田村 佐智代,田中 陽子
  • 助手(専任扱)猪俣 英理,矢口 学,江口 采花,桑原 敦子,新村 暉,菱沼 光恵

講座の特徴

当講座では,障害がある人の歯科医療に関連した課題を研究しています。そして,診療活動の場の中心は付属病院の特殊歯科にあり,障害がある人の歯科治療や口腔疾患の予防を担当しています。患者さんの障害に応じて,対応や治療に特別な配慮を要するところが特殊歯科といわれる理由です。必要に応じて麻酔科と連携し,全身麻酔等による歯科治療も行っています。
さらに,特殊歯科には摂食・嚥下リハビリテーション外来が併設されており,摂食・嚥下機能に障害がある発達障害児や要介護高齢者が口で味わって食べられるように摂食・嚥下指導を行っています。
摂食・嚥下リハビリテーションは,歯科以外の他の多くの分野から注目されている領域です。さらに,地域の歯科医師会からの依頼があれば,要介護高齢者を対象とした訪問歯科診療やリハビリテーション(摂食)も行っています。
障害者歯科学講座は,歯学部学生や臨床研修歯科医の専門教育および臨床教育だけでなく,地域で活躍している歯科医師の臨床研修を担っています。障害者地域歯科医療を後方支援し,より適切な障害者歯科医療を地域社会に提供することが当講座の目標です。

研究内容

  • 脳性麻痺サッカー選手への歯科的サポート活動 ─歯科検診と口腔に関する意識調査について─,スポーツ歯学 14(2): 53-59, 2011.
  • The Relationship between Premature Aging and Immune Responses in the Oral Cavity of Down Syndrome, Jpn Dent Sci Rev 46: 78-85, 2010.
  • Necessity of Mouthguards for Football 7-a-side Athletes of the Cerebral Palsy International Sports and Recreation Association, Int J Sport Dent 3(1): 13-20, 2010.
  • 知的障害者の口腔健康管理 - 日常生活動作からの評価 -,日大口腔科学 34(2): 85-90, 2008.
  • 口腔ケアに対する歯科医療職関与の必要度に関する研究 -介護老人福祉施設における検討-,障歯誌 29: 78-83, 2008.
  • 歯学部および歯科衛生士養成施設における障害者歯科学教育に関する調査,障歯誌 29(2): 115-125, 2008.

連絡先

電話番号:047-360-9443
FAX番号:047-360-9443
ページのトップへ