口腔健康科学(顎口腔機能治療学分野)

所属メンバー

  • 教授小見山 道
  • 准教授黒木 俊一,若見 昌信
  • 専任講師鈴木 浩司,淺野 隆,飯田 崇,菊池 信之,牧村 英樹,松根 健介
  • 助手(専任扱)岩崎 正敏,本木 久絵,鮎田 憲賢,本田 実加,増田 学
  • 大学院生薦田 祥博,井上 紗由美,本田 実加,浅川 龍人,増田 学
  • 兼任講師小林 紀彦,岡本 弘邦,森 文彦
  • 非常勤研究生大庭 愛子,畔上 知子,内山 亜紀子,小倉 千春,高﨑 美沙子,岩本 麻也,
      小川 塁,保科 郁子,瀧川龍一,藤井 博之,藤本 攻仁,矢崎由佳,渡邊 麻衣,
      秋元 宏太,武田 裕貴,野上 侑香,東 涼子,松本 裕司,谷口 舞子,藤田 雄三,
      矢崎 由佳,吉田 涼子,菅 彩香,塩味 寛子,杉原 大介

講座の特徴

当講座はひとが健康な生活を営む上で重要な口腔機能に関して検討し,それらを臨床,教育にトランスレートしています。特に欠損補綴,咬合機能の回復,顎関節疾患等に対しては,歯科補綴学を背景に研修,研鑽を積んでいます。高齢者歯科学においても筋機能訓練を中心に咀嚼嚥下機能の回復について検討しています。
さらに,これまでう蝕治療,欠損補綴を中心としてきた歯科医療も最近ではそれだけでは解決できない諸問題が山積され早急な解決が望まれています。特に痛みの問題,あるいはいびきや睡眠時無呼吸症候群等,全身との関わりが強い疾病,疾患に対する検討では医科との連携を積極的に取る環境が整っています。そのメカニズムの解明,治療方法の確立など歯科的立場から少しでも患者様の健康な生活に貢献できるよう努力をしています。
一方,スポーツアスリート,スポーツ愛好家の顎口腔領域に対する安全を確保するためのカスタムメイドマウスガード作製およびフェイスガード作製といったスポーツ歯学も当講座の特色とするところです。すなわち当講座は歯科補綴学,高齢者歯科学,歯科疼痛学,スポーツ歯学をコアとしています。

  • 補綴歯科臨床にかかわる検討
  • 顎口腔機能と高次脳機能の解明
  • 口腔顔面痛および顎関節症の診断と治療評価に関する研究
  • 身体運動と顎口腔機能との関わり

Misao Kawara, Yoshihiro Iwata, Masatoshi Iwasaki, Yoshihiro Komoda, Takashi Iida, Takashi Asano, Osamu Komiyama. Scratch test of thermoplastic denture base resins for non-metal clasp dentures J Prosthodont Res 2014;58:35-40.

Iida T, Komiyama O, Obara R, Baad-Hansen L, Kawara M, Svensson P. Repeated clenching causes plasticity in corticomotor control of jaw muscles. Eur J Oral Sci. 2014 Feb;122(1):42-8. 2013 Nov 20. doi: 10.1111/eos.12101. [Epub ahead of print]

Obara R, Iida T, Komiyama O, Asano T, De Laat A, Kawara M Influence of different narrative instructions to record the occlusal contact with silicone registration materials J Oral Rehabil 2014 Mar;41(3):218-25.

Iida T, Overgaard A, Komiyama O, Weibull A, Baad-Hansen L, Kawara M, Sundgren PC, List T, Svensson P. Analysis of brain and muscle activity during low-level tooth clenching - a feasibility study with a novel biting device. J Oral Rehabil. 2014 Feb;41(2):93-100.

Osamu Komiyama, Ryoko Obara, Takashi Iida, Takashi Asano, Manabu Masuda, Takashi Uchida, Antoon De Laat, Misao Kawara Comparison of direct and indirect occlusal contact examinations with different clenching intensities J Oral Rehabil. 2014 Oct 1. doi: 10.1111/joor.12242.

Komiyama O, Nishimura H, Makiyama Y, Iida T, Obara R, Shinoda M, Kobayashi M, Noma N, Abe O, De Laat A, Kawara M. Group cognitive behavioral intervention for patients with burning mouth syndrome. J Oral Sci. 2013 Mar;55(1):17-22.

Suzuki H, Watanabe A, Akihiro Y, Takao M, Ikematsu T, Kimoto S, Asano T, Kawara M. Pilot study to assess the potential of oral myofunctional therapy for improving respiration during sleep J Prosthodont Res 2013 ; 57:195-9

Obara R, Komiyama O, Iida T, De Laat A, Kawara M. Influence of the thickness of silicone registration material as a means for occlusal contact examination - An explorative study with different tooth clenching intensities. J Oral Rehabil 40:834-843, 2013

Iida T, Komiyama O, Obara R, Baad-Hansen L, Kawara M, Svensson P. Influence of Visual Feedback on Force-EMG curves from Spinally-innervated versus Trigeminally-innervated Muscles. Arch Oral Biol 2013; 58:331-339.
ページのトップへ