口腔インプラント学

所属メンバー

  • 教授加藤 仁夫(口腔インプラント学会指導医・専門医)
  • 准教授村上 洋(専門医)
  • 講師井下田繁子(認証医),玉木大之(専門医),北川 剛至(専門医)
  • 助手(専任扱)安岡 沙織(専門医),竹野 智嵩(専修医),
  •   末石 哲之,須長 敬,手代木 悠太,髙橋 佑次

講座の特徴

 今までの歯科学は天然歯に対するものあるいは天然歯を用いた治療法で、人工歯根を用いた歯科学や歯科治療を研究、教育ならびに治療を行うことを口腔インプラント学という。インプラント材料学をはじめ診断学から外科処置、補綴処置、維持療法まで幅広い分野を担当している。
 学生教育では、4年次で歯科補綴学、5年次で歯科医療の展開ならびに臨床実習、6年次で臨床実習で基礎から模型実習・臨床実習まで一連のインプラント治療について教育している。

研究内容

・骨増生の臨床応用
・若年者のインプラント治療
・インプラント治療の偶発症に対する処置法
・多数歯欠損部へのインプラント補綴治療

学会発表

2013年~
・インプラント受療者の加齢を考える
・上顎洞底挙上術後の骨増生部における経時的な骨量変化のCT画像を用いた検討
・下顎第一大臼歯欠損部に生じたインプラント体破折の一例
・口腔インプラント実習の卒前教育に関するアンケート調査
・包括的診療により咬合を改善した高齢者の2例
・さまよえるインプラント患者たち
・垂直的骨量不足をソケットリフトとHAインプラントで対応した21症例
・64列MDCTを用いた下顎管の特徴的CT所見
・インプラント治療の実践的検討
・重度歯周炎と歯列不正を有した下顎両側遊離端欠損に対しチームアプローチにて咬合回復を行った1例
・当科における上顎洞底挙上術の臨床的検討
・破折したセルフロック・テーパー接合型インプラントアバットメント除去試作器
・ブラキシズムで摩耗したインプラントオーバーデンチャーの一例
・サファイヤインプラントの撤去にピエゾエレクトリックデバイスを使用した一例
・全顎的な咬合崩壊及び歯周病に罹患した患者にインプラント治療及び矯正治療により咬合の再構成を行った1症例
・矯正およびインプラント治療をおこなった先天多数歯欠損の一症例
・βーTCPパウダーを用いたエア・アブレージョンによるインプラント周囲炎治療を行った一症例
・サージカルガイドを用いて下顎臼歯部欠損を修復した1症例  
・機能開始後に起きたインプラントトラブルに対する臨床的検討
ページのトップへ