歯科生体材料学

所属メンバー

  • 教授西山 典宏
  • 准教授谷本 安浩
  • 助教岩崎 太郎
  • 大学院永倉 愛夢

講座の特徴

歯科生体材料学講座では,歯科生体材料学の講義と実習を担当しています。歯科生体材料学の講義と実習を通して,歯科治療に用いられている歯科生体材料と歯科用器械について教授しています。とくに,歯科材料は金属材料,無機材料,有機材料,複合材料に大別されているため,それぞれの材料を正しく取り扱っていくために必要な基礎的な知識と特徴および特性を教えています。
また,実習においては,歯科生体材料は適切に使用されてこそ期待した性能を発揮するため,補綴物(鋳造金属冠,義歯など)を作製する一連の作業過程を通して,歯科材料・歯科用器械の正しい取り扱い方を教えています。
歯科治療において,歯科生体材料・歯科用器械は必要不可欠なものです。歯科材料には口腔内という高湿潤条件で使用に耐えうる物性と耐久性が要求されていることから,材料の特徴・特性を十分理解したうえで,患者さんのニーズに応じた適切な材料を選択して歯科治療に応用し,歯科医療の向上に貢献できるような歯科医師を育成するよう指導を行っています。

研究内容

当講座では,歯科材料の中でも特に高分子および無機材料の開発と,これらに関する基礎的研究を行っています。歯科材料の使用目的を十分に理解したうえで,材料の理工学的性質を調べ,得られた情報を基に材料を口腔内に応用した場合に生じる問題点を見つけ出し,これらの欠点を改善あるいは解消するために,新規歯科材料の開発研究を行っています。
材料の進歩は直接治療技術の進歩,ひいては歯科医療の向上につながるので,当講座に所属している先生は得意とする分野で研究活動を行い,得られた成果を臨床の現場に早く還元できるよう日々努力しています。
現在,当講座で行っている主な研究のテーマは以下のとおりです。

1. 絹フィブロインのスキャフォールドへの応用
2. 接着材の耐久性に関する研究
3. 歯科生体材料の数値シミュレーション
4. 新規歯科矯正デバイスの開発研究
5. 新規コンポジットレジンの開発研究
ページのトップへ