生化学・分子生物学

所属メンバー

  • 教授平塚 浩一
  • 助教Bhawal Ujjal Kumar(バワール ウジャール クマール),竹内 麗理
  • 名誉教授滝口 久,安孫子 宜光

講座の特徴

ヒトゲノムの塩基配列の解析が終了後,様々な生物の全ゲノム塩基配列が解読された。これら膨大なデーターベースを利用し,かつ遺伝子組換え技術や細胞工学技術を応用し,未来の歯科医療の診断・治療に役立つ基となる基礎研究を進めている。

研究内容

本講座の主なテーマは,歯科における2大疾患である、う蝕(ムシ歯)や歯周病(歯槽膿漏)の発生機序の解明,その際の生体反応の解析,また感染に対する防御法の確立です。これらの研究から将来的に有用な診断法や治療法を開発していきます。くわけです。例えばう蝕や歯周病のDNA診断やワクチンの開発に力を入れています。また「噛み合わせが記憶・学習に及ぼす研究」や「歯科レーザー照射による生体反応の研究」なども他の講座と共同研究で行なっています。このように生化学・分子生物学教室では臨床との接点を見つめながら,広く深く研究するように努めています。

主な研究テーマおよび研究業績

  • 齲蝕病原菌の分子生物学と免疫療法の開発(Biochem Mol Biol Int 1993, Gene 1998, Biochim Biophys Acta 2003)
  • 歯周病原菌の分子遺伝学と歯周病のDNA 診断・ワクチンの開発 (Archs Oral Biol 1992, Int J Biochem 1992, Biochem Mol Med 1996, Gen Pharmacol 1997, Infect Immun 1998, J Periodontol 1999, Infect Immun 1997, Biochim Biophys Acta 1998, J Periodontol 2000, Crit Rev Oral Biol Med 2000, Biochem Biophys Res Commun 2003, Vaccine 2003, 2006, Microbio Pathog 2010, BMC Microbiol 2010, J Periodont Res 2010, Infect Immun 2010).
  • 歯周組織の病態代謝と歯周組織の老化による代謝変化の研究(Mech Ageing Dev 1996, 1997, J Dent Res 1997, Oral Disease 1998,Ann Periodontol 1998, Exp Gerontol 1999, J Periodontol 1999, J Gerontol 2000, Mech Ageing Dev 1999, 2000, 2002, J Dent Res 2010, Biochem Pharmacol 2010.)
  • 歯周病原菌のプロテオーム研究(Oral Microbiol Immunol 2006, 2008, Proteomics 2006, 2008, 2011).
  • 骨の機能ゲノム科学研究 (Dent Mater J 2009, 2010, J Anat 2010, Bone 2011, J Cell Biochem 2010).
  • 歯周病と全身疾患 (Shock 2010, , Atherosclerosis 2011 Innate Immun 2011, Placenta 2011).
  • 癌の機能ゲノム科学研究 (Biol Pharm Bull 2008, Oncol Rep 2011, Mol Cancer 2011, Biochem Biophys Res Commun 2010, J Pathol 2011).
ページのトップへ